家庭の温度管理で体調不良のリスク対策を

急激に室温が上がった場合、人は感覚的にその変化に気づけます。一方でじわじわと室温が上がってきた場合、人はその変化に気づきにくいです。最近は室内で過ごしていても熱中症になる時代で、温度管理には細心の注意を払いたいところです。例えば、涼しくて過ごしやすい朝の状態から、普通に過ごすだけで汗を流すような状態になれば、誰でも熱中症の予感を覚えます。

暑さを感覚的に感じ取った時点で、エアコンの電源を入れて温度管理をすれば体調不良を防げます。一方で朝から夕方にかけて、非常にじわじわと室温が上がっていった場合、人の感覚で熱中症のリスクを感じ取るのは難しく、知らず知らずのうちに体調不良に巻き込まれる危険性が高いです。天気予報で聞く最高気温や最低気温はあくまで目安であり、自分たち家族が暮らす地域の気温とは基本的に違っています。温度管理を上手く行うためには、家庭用の温度計が必要です。

ホームセンターやドラッグストア、ネット通販サイトなどで販売されています。家庭用の物ならコストパフォーマンスが抜群で、リビングはもちろんのこと、家族みんなの個室に一つずつ設置しても家計の負担にはなりません。温度計で室温をいつも家族みんなで気にかければ、熱中症のリスクマネジメントが捗ります。エアコンや暖房器具の使い過ぎにいち早く気が付けるのも温度計設置のメリットです。

光熱費の節約にも繋がりますし、環境に優しい暖房や冷房の使い方が出来てエコにも貢献できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *