温度管理はHACCPの重要項目

食品を取り扱っているメーカーをはじめ、飲食店などでもHACCPの仕組みを導入することが義務付けられています。食中毒を出さないことや不良品の発生および流出防止に役立てることができるHACCP、名前だけは目にしたり耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。原材料の仕入れから出荷もしくは料理の提供までの管理を徹底することが求められているわけですが、HACCPの項目には温度管理があり仕入れた食材の保管記録として温度管理が求められます。スーパーで肉や魚を購入した時、これらは生ものなので冷蔵庫内で保管する必要があるわけですが、保管するときの温度設定をしっかり行っておかないと腐ってしまうことがあり注意が必要です。

最近の冷蔵庫は性能が良いものが多いため庫内温度が下がってしまうケースは少ないようですが、それでも大量に詰めすぎると庫内温度が変化してしまう本来の適温にならなくなることもゼロとはいい切れません。温度管理では、冷蔵庫や冷凍庫の温度が適温になっているのかを温度計の数値で確認を行う、それを記録することが必要です。これに加えて見た目や匂いなどにより腐敗していないのか、ダメージを受けている食材があったときにはそれの対処法を考え実行するなどが必要です。ちなみに、休業日などはお店に行くことがないので温度管理ができない、このように考えるオーナーさんも多いかと思われますが、最近ではスマートフォンと連携を図れるタイプも登場しているようです。

温度管理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *