温度管理はパソコンの内部と室内の両方で重要です

パソコンの管理にて、一般的に利用するのに温度管理を意識することは少ないです。しかし、近年ではコンピュータは利用する時のみに電源を入れるのではなく、スマートフォンの様に常に利用できる状態というのが一般的になっています。その為、室内で利用する場合でも人がいる時のみ空調のエアコン電源を入れる状態であれば温度以上をパソコンが感じ取って電源が切れる回路が動作するケースがあります。パソコンの温度管理の対策として、発熱しないパーツを利用するという方法があります。

今までは、補助記憶装置としてハードディスクを利用していました、これはモーターを利用して円盤を回転させることによって磁気情報を読み込んでデータを読み出してました。これはモーターを回転させることによって熱が発生させられます。また電気をよく消費しますのでバッテリーが発熱していきます。このような部品の仕組みによってパソコンの内部に対して温度管理できる様に、パソコンケース内の空気の流れを計算する必要がありました。

最近ではハードディスクからSSDと呼ばれるモーターを利用しない機材が開発されて発熱する部品の一つが減りました。ただし、CPUと呼ばれるメインの演算装置は大きな発熱がおきますので温度管理は重要視されている事に間違いはありません。コンピュータを利用する室内に関しても、パソコンの配置する場所と人のいる場所を考慮して空気の流れを計算して効率的に冷却するようにして設計していきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *