CPUの温度管理に欠かせない温度計センサーの役割

中央処理装置のことをCPUと呼びますが、これはコンピューターの心臓となる部分で温度管理が求められる部品です。最近のCPUは処理能力が非常に高くなっているため、膨大な処理を高速度で実現できるそれ故に快適にパソコンライフを楽しむことができるメリットがあります。処理能力が高くなるとより多くの電力を必要としますが、消費電力が桁違いに大きくなるわけではありません。消費電力を抑えつつ、処理能力の向上だけを実現しているのが現代のパソコンに使われているCPUといっても過言ではないのです。

処理速度が向上すると熱の発生率も高くなりますが、ノートパソコンを使っているとき膝上にそれを置いていると底部分が高温に達して膝の上に載せていることが辛くなることがある、このような経験をされた人も多いのではないでしょうか。これはCPUなどの部品から放出される熱によるもので、適切な温度管理が行われているなどからも熱暴走が起こることなく快適なパソコンライフを楽しめるわけです。温度計センサーは、この温度管理に欠かすことができない部品でもあり、温度計センサーが計測した温度をCPUに伝えたときに内部にあるファンモーターを回転させて内部温度やCPU温度を下げる働きをします。ただ、ファンモーターを常に回転させると音がうるさかったり、モーターは電力を多く消費するなどからも温度管理に従いオンオフを繰り返すなどの仕組みを持たせているのが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *