ブランド野菜の栽培に温度管理は重要です

いわゆるブランド力のある果物や緑黄色野菜の栽培に、関心を示す方々が増えてきました。特に日本の市場は諸外国に比べて非常に成熟しています。平均的な品質の農作物は、値段も平均的な水準です。一方で一般消費者の方々が強い関心を示す一流ブランドのイチゴやサツマイモやピーマンなどは、市場にて高い評価を得ます。

同じ畑の面積で栽培するなら、市場での評価が高い根菜や緑黄色野菜などを育てた方が利益は高くなります。ただ気を付けたいのが、高品質な緑黄色野菜や根菜、果実ほど気温変化には敏感という点です。一流の種や苗を購入しても、肝心の栽培環境の温度管理が十分でなければ安定した成長が望めません。気温差が激しい地域ではハウスや畑の温度管理に最新の機器を導入したいところです。

温度管理にネットやAIを活用したシステムを導入したり、デジタル式の温度計を複数台、導入する等すれば、安定した環境で農作物が育てられます。暦の上では冬なのに高温多湿な日が突然発生したり、反対に季節的に夏真っ盛りなのに外気温がほとんど上がらない冷夏が続く等、近ごろは気候変動の影響で、今まで以上に温度管理が大切になって来ました。ブランド野菜を本格的に栽培する前にハウスや畑を、より現代の気候に合った環境に刷新しておきたいところです。先行投資は必要ですが、温度管理によって毎年、高品質な農作物を出荷できるようになれば、短期間で投資したコストが回収でき、その後は持続的な高収入がえられるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *