HACCPとは何か?

HACCPとはなんだろう?という方もいらっしゃるのではないでしょうか。HACCPとは食品についてるマークだなというような認識の方も多いでしょう。HACCPとはアメリカで始まった食品の衛生管理に関する手法で、今では世界的に導入がすすめられています。具体的にどのようなないようなのか、導入することでどのようなメリットがあるのかを説明していきたいと思います。

日本語では、「危害分析重要管理点」と訳しますが、食品の製造・出荷の過程を、どのような微生物や異物が混入しやすいかをあらかじめ予測し、被害を未然に防ぐ方法です。この点がこれまで行ってきた製品の抜き取りによる安全確認とは大きく違うところです。アポロ計画がすすめられていた1960年代、宇宙食の食品安全を確保するためにNASAを含むアメリカ各機関に構想されていました。その後アメリカ医薬品局が缶詰食品の製造基準として取り入れたのがきっかけで普及が始まりました。

食品を取り扱う時に導入するには12の手順を踏まなければなりません。導入することによって、働く社員の衛生管理に対する意識が向上する、製造に不具合が発生した時に、原因普及と改善対応が迅速に行えるようになります。また、事故やクレームの減少にも役立ち、企業のイメージが良くなり、顧客の信用が上がることも期待できます。そして、生産性も向上し、利益を拡大することもできるので導入するとメリットがたくさんあります。

HACCPのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *