食品製造のHACCPについて

HACCPというのは、スーパーやコンビニで買ういろいろな食品でこの文言がパッケージに記されているのを見ることができます。代表的なものとしては牛乳が挙げられるでしょうが、もちろん牛乳だけに限るものではありません。これは安心安全な食品を製造するための方法を示しており、HazardAnalysisandCriticalControlPointの略語で、日本語にすると危機分析重要管理点となりますが、この日本語では何のことがちょっとイメージしにくいでしょう。確かにHACCPというのはちょっと抽象的、観念的な意味合いが強く、具体的な何かを示しているとは言い難い側面があります。

ごく簡単に言えば、HACCPとは、食品を製造する際には異物が混入したり細菌が混入したりする可能性があるので、製造工程のどこでそのようなまずいことが起こる可能性が高いのかを分析し、問題が起こりそうな工程を把握した上で、どうすれば問題を起こさずに済むのかを科学的に検証してそれを実行し、かつ実行結果を記録に残しましょうというようなことになります。このように言われてみれば、特別に難しいことでも何か時代の最先端を行く挑戦的な手法でも何でもなく、おそらくはHACCPなどという用語が現れる前にも経験的には行われてきたことでしょう。ですが、熟練者の経験に頼るのではなく、方法論を明確にし、やろうと思えば誰でもその手法を取り入れられるようにしたことに意味があるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *