HACCP(ハサップ)

HACCP(ハサップ)とは2020年6月に施行され、2021年には完全義務化されるといわれているものです。食品の製造・出荷の工程でどの段階でどのような問題が発生するかを列挙し、それに対して科学的根拠に基づいて対策を講じるというシステムです。ここでいう問題というのは例えば微生物や異物混入などの食品汚染のことで、その危害をあらかじめ予測・分析して未然に被害を防ごうということです。上記の説明の通りHACCP(ハサップ)は合理的な衛生管理方法なのですが、逆を言うと従来の衛生管理はあまり良いものとは言えなかったということです。

今までの管理方法は、最終的に出来上がった製品の中からさらに無作為に選んだものの品質を検査するというものでした。しかしそのやり方だとたまたま検査を免れた不良品がそのまま市場に出たり取引に用いられてしまい、後になって処理が面倒になります。またどの段階で問題が生じたのかが判明できないため、事後処理に非常に時間がかかってしまいます。HACCP(ハサップ)を導入すると食品の検査漏れというものが無くなるので、後になって返品やクレームがたくさん寄せられるということは避けられます。

また段階ごとに起こる可能性のあるリスクを記録するためミスが減り、もし不良品であったとしても事後処理が迅速に行えるようになります。また食品製造段階の以前に社員の衛生管理の意識も向上するので、そういう意味でもHACCP(ハサップ)の利用は誰に対してもメリットであると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *