IoTを活用したHACCP

HACCPとは食品を製造する工程上で異物混入などのトラブルを防ぐために行う管理手順のことで、国内では危害要因分析重要管理点と邦訳されており、ハセップやハシップとも呼ばれますが厚生労働省はハサップという読み方で統一しています。危害のHazardと分析のAnalysisと重要のCritical、管理のControlと点のPointの頭文字から来ており、令和3年6月1日から原則としてすべての食品等事業者にHACCPに沿った衛生管理に取り組むことが義務付けられました。HACCPを製造現場に導入することで顧客に届く食品が安全になることはもちろん、できあがった食品の品質のばらつきが減りクレームや破棄などのロスが減ります。製造過程の加熱や冷却にかかる温度管理や、包装及び出荷時の食中毒菌の生残検査などは人力で行うよりもIoTなどを活用した方が合理的です。

温度管理はグラフで視覚化をしたりクラウド上の容量を利用した帳簿に温度変化を記録したりできるので、温度を社員が1時間ごとにチェックしたりノートに記載する手間がなくなります。検査については全ての商品をチェックできるため、従来は人手による食品の一部を抜き取ってする検査ではすり抜けていた粗悪品を全回収できるので安全です。調理関連の器具類と店舗内清掃、従業員の手洗い励行なども部屋を移動する際の退勤システムで管理でき、人力でやっていた大半の視覚化と記録と制御を自動化できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *