HACCPについて徹底解説

HACCPとは、食の安全を妨げる様々な危険性を持った要因を除去や低減するために作られた衛生管理のことです。この衛生管理は、食の安全を妨げる危険性を除去する上で特に重要な管理点を食材を製造する工程の中で発見し、食の中にある危険性を除去または低減するために必要な管理基準を設定して、その基準に基づいてしっかりと食材を管理するという点が大きな特徴です。例えば、提供する食品に食中毒を引き起こすウイルスが混入したり食中毒菌が混入するといった危険性がある場合、HACCPでの衛生管理では、搬入の際も保存をする時も含め、調理して提供する際にその食品が誰かの口に入るまでの間までも、どのような危険性があるかを予め予測して管理をします。更に2020年の6月からは、今までアメリカを中心とする国々だけだったのが、日本でもHACCPによる衛生管理の義務化が全国の食品関連事業者に対して課せられるようになったので、より安心して食を楽しむことが出来るようになります。

しかも食品関連事業者からの視点で見てもHACCPの衛生管理を導入することで、企業内で働く社員の衛生管理に対する意識が向上して企業のイメージが良くなり顧客の信頼度が上がりますし、生産性が向上し利益が拡大するなどのメリットがあります。また、HACCPは個人で活用することも可能です。例えば、食品購入時は出来るだけ消費期限が長いものを選んだり、冷蔵庫に食品を入れる場合はそれぞれの食品にあった温度で保存したりするのも、十分活用していると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *