HACCPシステムとは

HACCP(ハサップ)とは、食品を扱う業者が原材料の搬入から製造・梱包・出荷までの全工程を詳しく分析し、各工程で起こる可能性のある食品汚染の危険因子の列挙、そしてその危険を回避するために必要な対策を科学的根拠に基づいて行うというものです。また各工程で定められた衛生管理方法がしっかり行われているかを厳密に監視・記録し、問題が生じた際には速やかに事後分析、いわゆるフィードバックを行えるようにする仕組みでもあります。昨今ではこのHACCP(ハサップ)システムの導入を義務化する国が増えており、食品の国際取引に関してはこのシステムにのっとった衛生管理が必須となっています。なぜそうなっているのかというと、従来の衛生管理方法では不十分であったからです。

手洗いや消毒などの簡単な方法や、最終的に出来上がった製品で無作為に選びだされたもののみ品質の検査を行う抜き取り検査では、すべての製品が厳密に衛生管理が行われているとは言えません。必ず検査されずに通ってしまった不良品が後になって発見されます。また、問題が生じたときにどの工程で問題が発生したのかが分からないので、事後処理に時間がかかっていました。しかしHACCP(ハサップ)を導入することにより、検査漏れによって管理基準に満たない不良品が取引されることがなくなり、各工程で問題が起こりそうな箇所をその都度記録するので、実際に問題が起こった時でも迅速な事後処理が展開できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *