湿度計のセンサーについて

私達が生活する中で気分に大きな影響を与えるものに気候条件があります。雨や曇りの日にはなんとなく憂鬱な感じがしますし、晴れた日には気分がいいものです。また、気温についても高すぎても低すぎても不快に感じます。緩急条件の中で私達の気分を左右するものとして湿度があります。

夏のじめじめとした気候も冬のからからの気候も気分がよくありません。これらが組み合わさった気温が高くて湿度が高い状態というのはできれば避けたいものです。その為に温度や湿度を測る装置は色々と開発されてきています。温度を測るいろんなタイプの温度計があるように、たくさんの種類の湿度計があります。

湿度計といえば、昔からある乾球湿球を持つ温度計や毛髪などを利用したものを思いつきますが、エレクトロニクスが発達した現代においてはセンサーを用いた湿度計も開発されています。このセンサーを用いた湿度計の出現により、小型装置に組み込む事が可能となりましたが、この様なセンサーを用いた電子式の湿度計にも幾つかのタイプがあります。1つは細かい電極の間に水分を含む層を持ち湿度により電気抵抗が変化するセンサーを用いたものです。また、もう1つは先程の水分を含む層をサンドイッチする形で設置された電極を用いて湿度のより変化する静電容量を測るものです。

双方のセンサーにはそれぞれ機能的な特徴があり、得意とする湿度領域に加え精度や応答速度の観点から使い分ける必要があります。温度計のセンサーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *