コンピューターに指令を送る湿度計センサー

工場内の設備の中には温度もしくは湿度管理が必要な機器もあり、室温や室内の湿度を一定に保つための温度計や湿度計などのセンサーが利用されていることも少なくありません。これらの管理は室内だけでなく、設備機器そのものに必要なケースがありますので設備機器内に湿度計などのセンサーが内蔵してあり一定の湿度もしくは温度を保てるような仕組みを持ちます。ちなみに、湿度は数値が高くなると空気中に含まれる水分量が多くなる、逆に低くなると空気中に含まれる水分量が減るため乾燥状態になります。普段の生活の中では適度な湿気があることが快適で、乾燥状態になると肌荒れが生じたり静電気の発生が増えるなどのデメリットに繋がります。

摩擦を生じさせるような設備機器の場合、乾燥状態になると静電気の発生が多くなるためモノづくりにおいての品質も悪くなる、例えばプラスチック素材にゴミが付着しやすくなるなどからも適切な湿度を管理するための湿度計センサーが内蔵してあります。湿度の数値が一定値よりも下がったときには空気中に水分を送るための蒸気を発生させる、逆に数値が上がったときには熱を与えて湿気を取り除くなど自動で制御させることができます。乾燥状態に導くべきかそれとも湿気を与えるべきか、これを管理しているのがコンピューターです。ただし、コンピューターは外部からの命令がなければ正しい判断ができない、そこで湿度計センサーを使い数値管理を行っているわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *