湿度計センサーの選び方

空気の湿度を測定したい場合は、デジタル式の湿度計を使用する方法があります。測定データがリアルタイムにデジタル表示されるので取り扱いが簡単ですが、使用環境に応じてセンサーの特性を理解して最適なものを選ぶことが大切です。世界的に多く用いられている湿度計センサーは高分子静電容量式で、吸湿性の高分子絶縁体が膨張・収縮すした際にコンデンサーの静電容量を計測してデジタル化する仕組みです。これは、応答性能が高い・高温や低温環境でも測定が可能・低湿度でも正確な測定値が得られる、などのメリットがあります。

ただしデメリットとして、ノイズの影響を受けやすいのでケーブルが太くなる・装置が複雑で高価・高湿度に弱い、などの欠点を抱えています。室内や屋外の空気を測定するのに便利ですが、常に大量の蒸気に晒されるような環境には不向きです。高分子抵抗式の湿度計センサーも存在し、高分子が空気中の水分を吸収すると電気が流れやすくなる性質を応用して電気抵抗を測定する仕組みです。これは、ノイズに強い・小型化が可能・構造が単純なので安価・高湿度に強い、といったメリットがあります。

ただし20%以下の低湿度の測定には不向きで、空気が乾燥した環境だと正しい測定値を得ることができません。多くの湿度計には高分子静電容量式のセンサーが組み込まれていますが、高湿度の環境に弱いので注意が必要です。湿度の高い環境で使用する場合は、高分子抵抗式のセンサーを選択する方法があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *