センサーの優れた湿度計を導入しましょう

さまざまな空間の湿度を測定するために欠かせない製品が、性能の良い湿度計です。製品の保管や空間の快適性など、湿度は重要な指標となる数値ですので、常に把握しておくことが望ましいものと言えます。乾燥した状態で保管することが望ましいものや、施設などの中で人が快適に活動できる状況を保持するためなど、測定する目的はさまざまですが、共通して言えることが誤差の少ない正確な湿度を知ることができるかどうかが重要という点です。そのためにも、湿度計のセンサーは高い精度が求められますので、信頼性に優れた製品を導入することをお勧めします。

伸縮式の湿度計は比較的安価で容易に購入することができますが、糸や動物の毛などを使用して湿度の変化を測る構造であるために、実際の湿度とは表示される数値の誤差が大きくなる場合もありますので、正確性が必要なシーンにはおすすめできません。やはり、精度に優れたセンサーを搭載している製品を選ぶべきと言えます。センサーには、大きく分けると抵抗式と静電容量式という2通りの方式があります。静電容量方式は、電極の間に電圧を加えて測定する仕組みです。

抵抗製センサーは、湿度を測定する部分がどの程度水分を吸収するかを電気抵抗の変化で測定する方法です。抵抗式は安価でシンプルな構造である一方で精度にばらつきがみられる傾向があり、静電容量式はより高い精度での測定ができる製品が多くあります。用途に応じて、導入する湿度計をセンサーの方式を含めて検討することがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *