外部センサーの湿度計

外部センサーを本体から伸ばして使う湿度計は、手の届かない離れた場所の湿度を測定するのに便利です。本体でも測定できる湿度計だと、センサーと合わせて2点の測定が可能ですから、例えば天井と床付近や窓際と壁際の湿度が同時に分かります。屋外に対応している製品の使用が前提ですが、センサーを室外に出すことで室内外の湿度を測ったり、比較することも可能となります。比較的手頃な湿度計でも、取り外しが不可能というだけで離れた場所の湿度が分かる製品があります。

更には3点以上の測定に対応していたり、無線で複数箇所の設置を可能としている製品など、現在はバラエティに富んでいて選択肢が増えています。無線対応の湿度計は、センサーを内蔵する端末を好きな場所に置いて、切り替えたり同時に測定することができます。端末ごとに電源が必要なので、電池代などのランニングコストは掛かりますが、従来の湿度計と比べて利便性が優れているのは間違いないです。またセンサーを買い足すことで測定地点が増やせますから、広範囲の湿度を知りたい場合だとコストが抑えられる可能性があります。

近年は、WiFi内蔵のスマホに対応する製品もあるので、手元で簡単にいつでも湿度を知ることができるようになっています。外出先でも現在の状態、過去のログなどを確認できますから、ペットを飼っていたりサーバーを運用している場合などに導入すると、環境の管理を行うのに役立つはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *