発酵食品を製造するメーカーでも使える温度計センサー

温度計センサーは個人での利用の他にも、業務上で必要とされる場面はあり、工業製品などを製造販売するメーカーの中には、必需品として設備に整えている工場も少なくはありません。実際には工業製品だけではなく、あらゆるシーンで活用することはでき、発酵食品などを製造するメーカーでも導入事例はあります。発酵食品にはお酒や味噌、醤油などのメーカーもあり、漬物や納豆なども該当しています。食材を発酵させる工程では、一定の温度に保つことが求められ、1度でも狂ってしまうと製造した食品の品質にバラつきが出てしまうことは多く、常に一定の品質を保つ上では欠かせない機器として使われてます。

食品工場に向いている温度計センサーは、機種が豊富にあり、直接に食材に付けて計測できるものから、非接触型で離れた位置から計測できる機種もあり、どちらを選ぶのかは各工場で違いはあります。衛生面を考慮した際には非接触型の方が向いている場合もありますが、製造する食品の中には、樽の中の温度を確実に計測するために接触型の温度計センサーを樽の中に入れることが必要な場合も出てきます。従って、自社工場の製造過程に合わせた機種を選べば問題はありませんが、発酵工程から完成までの工程、更に出荷するまでの保管場所の温度まで管理を徹底するには、複数の温度計センサーを使い分けて適材適所で選び出すことが最適な使い方です。風味や香りなど商品を常に均一化させるには、温度にこだわりを持つことも必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *