HACCPとは何のことか

HACCPとは、危険やリスクを分析するという意味の「ハザードアナリシス」と、重要管理点を意味する「クリティカルコントロールポイント」という英語の頭文字をとった言葉で、食品の製造にあたり、微生物や異物などの危害やリスクとなる点を分析してそのリスクを除去し、適正な温度や時間で加熱をするなどの重要な工程を管理するという意味で使われています。 Continue reading HACCPとは何のことか